2014年5月29日木曜日

LTE速度制限と戦う。

最近のモバイルルータは、一部の端末を除き、7GBの通信制限と、3日以内の通信制限(1GB)があります。
自分も何度も通信制限にはまっておりますが、通信制限で128kbとか言っているけど、ほぼインターネットの接続が使用不可になります。
軽いページはおろか、メールも時刻の同期もままなりません。我が家では十台以上の端末が通信するため、設定を誤ると、即致命傷。
同居人(相棒)が今月20GBの通信料を超えて追加通信料2万円つけるという始末。最悪です。
(ちなみにパケホじゃなかったら1000万円クラスの利用料です。超怖い!)

これではいけない。
ということでいろいろ設定を見直し。
まず、ネットを繋ぐ必要のない端末は、Wi-Fiをオフにして通信回避。
ネットにつなぐ端末も、Wi-Fi自動接続はしないように設定。
そして、クラウドアプリは全部常駐解除して、USBあるいはLAN上にてやりとり。
(固定回線だと大変便利なDropbox Evernote iCloud Skype oneDriveなどはすべて障壁になります)

新しいモバイルルータはモバイル通信のスイッチとWi-Fiがセットになってしまい、インターネットとLANが
個別にいじれないので、自宅内には無線LANの機能だけつかえる無線ルータを装備。
ファイルのやり取りはこちらで行っています。

アプリの自動更新は、重要なもの以外は全解除して手動に。
これは、すべてのタブレット、パソコンで行いました。
先月末に発覚したIEの修正アップデートだけでも、台数が台数なので要領がたっぷり。
iOsやAndroidタブレットまで更新されたら、一日あれば7GBの壁なんて即超えそう。

LTEの最大の売りである通信速度は、最大の弱点でもあります。
通信負荷がかかるページに行き着いた瞬間から、猛スピードで通信を行ってしまいます。
動画系のページなら、再生ボタンを押したらもうアウト。キャッシュに読み込んでしまうので、
ブラウザを閉じるなどのことをしないと通信が止まりません。

正直、もっとスピード遅くていいですw
なまじ通信速度が早いせいで、あっという間に通信制限容量超過。本末転倒です。
もしかすると通信制御する機械とか作ったらヒットするかも。

動画などのページは、事務所などの固定回線の場所で見ております。
昔なら動画をダウンロードして回線不要な場所でも閲覧できたんだけど、
今の法律だとそれは違法行為なのでそれはできません。不便。

さていろいろ個人的なことを書いてきましたが、皆様が使う上では・・・

1.動画やOsアップデートなど容量の大きいデータは固定回線の場所で
2.意味があまりない無線自動接続やアプリ自動更新は解除
3.クラウドアプリは必要な時だけ起動して容量を最低限に

と言った部分に着目して設定を行うとだいぶ変わってきます。お試しあれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿