2014年5月9日金曜日

情報格差

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140509/its14050910300001-n1.htm

今回のIE騒動で、情報格差がうきぼりになっているそうだ。

今の人の大半は「TVでやっている報道だけが大変なこと」と思っているようだけど、
現実にはたくさんの脆弱性が発見されていたりするんだよね、つまり危険だらけってこと。


たとえばIEが危ないからGOOGLE CHROMEに乗り換えるなんて言っている人がいるが、
GOOGLE CHROMEは最近、パソコンを盗聴盗撮に使えるというとんでもない脆弱性が見つかった経歴なんかがあったりする。
どのソフトにも脆弱性が発覚する可能性はある。

つまり、これからは、インターネットを使う場合は、常に安全面で気を配っておく必要がある、たとえ一般人であっても、だ。


もし風呂上がりにパソコンの目の前を横切って裸の写真を盗撮されてばらまかれたり、脅迫のだしに使われたり。
知らなかったですむだろうか?よく考えたほうがいいと思う。


ちなみにお客様の大半が

FLASH
JAVA
ADOBE READER

の更新を放置している傾向がある。
実はこれらのソフト、更新しないで長期間放置すると、セキュリティーホールになる可能性がある。
更新情報が出たらすぐに更新しなさい、とは私は言わないけど、
半年以上放置プレイ、とかっていうのは避けたほうが賢明かも。

踏み台にされて誤認逮捕なんて悲劇にならないように・・・


私のほうは各種ソフトの更新方法等も指導させていただいておりますのでお気軽に問い合わせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿