2015年3月21日土曜日

一区切り。

最近、ほしいデジタルアイテムが一通りそろった感があります。こんばんは、ほしのです。
今ほしいものとなると・・・クロームブックとかですかね。
新しいOSを勉強するのにほしい感じです。

ここ数年、いろんなデジタルガジェットを試しまくりました。(いろいろと失敗もあったけど)
以下、買ったアイテムのその後を一部紹介。

iPadはminiが持ち運びに最適サイズで、常備品に。
その他のiPadシリーズは部屋の中で目覚まし時計だったり、子供たちと遊ぶためのスキンシップツールだったり、めいめいの余生を過ごしています。

Nexus7(アンドロイド)は自宅の動作テストタブレットに。
タッチパネルの操作感がiPadシリーズと比べるとちょっと劣るので、必要な時だけの持ち歩きタブに。

そしてその他の中華タブレットたちはことごとく破損(笑)やはり3流だったか・・・突然電源が入らなくなったり、アダプターの接触がめちゃくちゃ悪くてすぐ電源が落ちたりなど、壊れ方も様々です。

今はタブレットもかなり安くなってきたので、純正、というかちゃんとしたメーカー品のやつを買いましょう。損しませんから(苦笑)

今は携帯はエクスペリアZ3を使っているのですが、なぜかといいますと、
iPhone4使ってた時に、間違い電話が連発しすぎて嫌になった
からなのです(苦笑)
iPhoneには電話をかける機能を制御することができるアプリがなく(仕様の関係だと思われる)
電話帳とかから、問答無用で電話をかけてしまったりするものだから大変。
iPhoneロック解除した瞬間に、間違い電話発動、なんてことが多々ありました。

Androidには、電話の前に確認を取ることができるアプリが多々存在しているので、
それで間違い電話を抑制することができます。
事実、携帯を乗り換えてから間違い電話が0になりました。
間違い電話以外の点は割と気に入っていたので、いまだにiPhone4は持ち歩いてカラオケつかったりなど、遊び道具に用いています。楽器系のアプリも反応めちゃくちゃいいですしね、デモンストレーションには最適のアイテムです。

Windowsタブレット。
なんだろう、スリープからの復帰が、ほかのタブレットに比べて抜群に不安定。
それがなければ、十分に持ち歩きアイテムになるだけの力を秘めているのに、
残念ながら、現場で起動させるのに手こずったり、なんてことが多かったので、
ほとんど外に持ち歩くことがなくなりました。
WindowsRTを積んだSurfaceは、構造上、操作可能な場所を作る(キーボード接続、スタンドモード)のに、ノートパソコン以上の作業スペースを使うので、そこが残念。
自動更新も解除できないので、勝手に更新始めちゃうし、難しいです。
遠隔操作用のタブレットとしては、キーボードもポインティングデバイスも使えて、なかなか悪くないんですけどね。

また、ドキドキするようなガジェットが出てこないかなぁ・・・
 そんなことを思いながらデジタルガジェットサイトを毎日覗いている私なのでありました。


先週書けなかった分、今週が妙に長文です(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿