2015年3月29日日曜日

キンドルペーパーホワイト

最近、iPadの調子が悪いのと、容量が詰まってきた関係で、マンガのデータがたまってきたのをほかに移行させるために、電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteを買ってみました(中古で安く売っていたもので。)
(購入したやつ。状態もとても良かったのでマンゾクデス!)

で、使ってみているのですが、なかなか優れものです。
基本が書籍を読む専用に作られているので、電池もちはかなり良い感じ。
購入して、スイッチ押した時点で3割残ってましたからね、バッテリー。相当前に最後の充電をされたであろうKindle、ここら辺は電子インクならではの強みなのでしょう。

いつでもどこでも、のんびりと漫画や文書を読むのにはいい感じです。ライトもついてて、明るい場所でも暗い場所でも対応してくれます。
太陽光の元でも読めてしまうのは強み。歌い手なら歌詞カードを入れておけば炎天下ストリートライブでも歌詞がよめます。(PDFファイルが本体に格納できるそうです。)譜面にはちょっと小さいですね。
ケースも一緒についてきましたが(ラッキー)ケースをはずすと本当に軽い!単行本を大量に持ち歩くことを考えると、これは本当にすごいです。


利用に不向きな点もあります。
画面の切り替え速度はiPadほど機敏ではないので、すばやく目的のページを探し出して読んだり、プレゼンに見せて使う、などの目的には難しそうです。サイズ的にも個人使用を考えているのでしょうね。ブラウザも仮バージョン見たいのがついていますが、操作がしづらく、実用的ではありません。もともと書籍リーダーなので、この辺は考えなければ問題ないでしょう。

3G通信の機能があって、無料で使えてしまうのはいいのですが、これは逆に言うと、落としたときには勝手に購入しまくられてとんでもない痛手を食らう可能性もあるってことになります。落とせる書類のデータサイズも50MBと制限があるため、無くてもあまり問題ない気がします。Wi-fiでどうにかなるかと。(それでも無料で3G通信つけちゃうあたりはすごいですが。体験版の本とか普通に読めちゃう)

結論:買ってよかった


☆こんなかたにお薦め
電子書籍はモノクロでもOKの方(正直カラーの本も問題なく読めました)
外出時にのんびり本を読みたい方
電子書籍を「読む」のが主目的の方

0 件のコメント:

コメントを投稿