2015年1月26日月曜日

DROPBOXとFAXプリンターを組み合わせると・・・

こんにちは、ほしのです。

今販売されているFAXプリンターの中には、PCの特定のフォルダに、受信したFAXをデータとして保存することができる機能があったりします(ないものもあるので自分の機種を確認したうえで以下の技を使ってくださいね)


そして、パソコンの中の特定のフォルダを共有し、タブレットやほかの端末から自由に閲覧できてしまうクラウドアプリ「DROPBOX」というものがあります。

DROPBOXはファイルの更新があるとすぐにそれをクラウド上に転送して、どの端末からでもデータを閲覧できるようになるのです。

では、PCふぁっくすとDROPBOX、この二つの機能を組み合わせると・・・?

出先でもタブレットやスマホでFAXが確認できちゃうのです!仕事場に戻らないとFAXが確認できないことに悩まされていた方にはとても便利な機能です。

設定の仕方としては、DROPBOXをパソコンおよび出先で閲覧するための端末に導入後、パソコン側のDROPBOXの共有設定フォルダの中にPCFAXの保存先を指定してあげるという流れになります。


難点としてはパソコンがつけっぱなしになってしまうという点ですが、そこがクリアできれば、これは結構便利なテクニックなので、ぜひ試してみてくださいね☆

(送受信の枚数が少なければネットFAXというサービスもあるので、いろいろ調べてみてください)

0 件のコメント:

コメントを投稿