2015年1月19日月曜日

ユーチューバー。

こんにちは、ほしのです。
日曜日更新を目安に頑張ろうとしていたこのブログですが、年史早々風邪?にてダウンして
日曜日を布団の中で過ごしてしまい、さっそく日曜更新が途絶えました(苦笑)
風邪ひいたからたぶんバカじゃなかった・・・ほかにもいろいろと問題を抱えていそうな私ですが、
それはさておき、
ユーチューバー、最近話題になっているのでご存知の方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
いわゆる、youtubeという動画サイトに動画を掲載して、閲覧数に見合った広告収入を得てご飯を食べている人たちです。
その発想自体は、とても斬新で面白いものだと思うのです。しかし、
閲覧数を稼ごう(お金にしようとしているのかただの悪さ自慢なのかは不明ですが)とするばかりに、モラルに反した動画や、犯罪まがいの動画を掲載したりするような人が多々現れています。
最近の爪楊枝事件もyoutubeでした。
ラジオ局やテレビ局には、公共の電波で情報を流すうえでの厳しいルールがあります。
自分もラジオの生中継など、何度かださせていただいたので、発言にはしっかりと気を配りました。
プロですら厳しいルールがあるのに、
一般人がなんの資格も勉強もなしで情報を垂れ流しにできるのが、今のyoutubeの、いや、情報発信の現状です。
おかげで私もこんなところで情報発信させていただけるわけですが。
これって一歩間違うと大変な危険をはらんでいるわけです。生中継の配信で自殺とか配信された方もいらっしゃるようですし。

このままいけば何らかの規制で情報発信の自由を失うことになりかねません。一番手っ取り早く規制するなら免許制とかが手軽でしょう。そうなったら、ネットはもうつまらないものになってしまいます。

今の情報発信者は自分で自分の首をしめていることになります、そして自分たちが蒔いた種に足を取られて文句を言う。そういう図式が成り立ちつつあります。そうなる前に、ぜひ情報モラルやネチケットといった、いわゆる道徳教育をしっかりしてほしいなという思いがあります。
(出張にてお話させていただくことも可能です)

あの時代はよかったなぁ、なんて話が出る前に、今だからこそ考えてほしい問題です。


正直この話題はあまりみなさん自分の利益に直接つながるイメージがないので、関心が薄かったりもするのですが、情報掲載トラブルに対する保険、という意味合いでは、覚えておいて間違いなく損のない分野の話です。知っておいていただければと思い、記事を書きました。よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿