2015年5月16日土曜日

ほしの、Macを手にいれる。

みなさま、こんばんは。
ほしのです。

水曜日に東京出張に行ってきた時に、思い切ってMacBookAir(中古)買ってみました。
2011年もののi5 4GB SSD128GB のやつ。
スペックと発売時期からすると、先月買ったSurfacePro(これまた中古)とほぼ一緒。
iPhoneなどのアプリとかいじってみたいなというのが購入動機だったわけですが、

私は今までMacに関しては全くノータッチだったので、色々とカルチャーショックでした。
操作感覚結構違うんだろうなーなんて思ったら、そうでもない。
漢字変換の操作も、マウスやタッチパネルの操作もさほど変わらず。
ほとんど意識しないで、馴染むことができてしまいました。
マウス代わりのトラックパッドに関しては、Windowsのそれとは比べ物にならない完成度ですね。こんなに滑らかに動くとは、まるでiPadを操作してるみたいです(当たり前だって怒られそうですが)

丸一日フル充電から連れまわしてみましたが、メインの仕事はSurfaceで行っていたので、Macbookの仕事はメモとネットブラウズ。あとDVDの再生チェック。
今自宅に帰ってきて43%のバッテリー残し。うーん、侮ってました。
中古だってのにこの性能とは恐れ入ります。

Windowsはスリープでも電力を結構消耗してしまったりすることがあるのですが、現行見てる感じだと、買ってきたMacBookAirはスリープではほとんど電池が減らない模様。ますますiPadみたい。スリープ復帰も早いし。

議事録会場とかで圧倒的にMac保有率が高い理由がわかりました。文字打ちまでの画面に移行するまでの時間が、とにかく早く動ける。
Windowsも8のいいものになると、復旧早かったりするのですが、安いやつだと、復旧してこなかったりするバグなどがあったりするので、信頼にかけます。

なるほどブランド品。


これをきっかけにMac信者に・・・なんてことはないですが、でも、触って納得の内容でした。

これでAndroidもiOsも開発用ハードが整いました。あとは環境の設定ですね⭐︎今後が楽しみです。

0 件のコメント:

コメントを投稿