2014年6月9日月曜日

windows8とDVD

windows8になってからDVD関係の機能は皆無に等しいぐらいパワーダウンしています。

動画の編集ができるムービーメーカーは使えるんですが、そこからDVDに焼くツールが皆無・・・

なので、いったんWindows7のパソコンに出来上がったデータを移して、そっちで焼き込み、という
本末転倒な手順に。

何だかなぁって感じですよ。

時代の流れで、光学式の記憶媒体はハードウェア的にも付けたくない、という気持ちがひしひしと
伝わってきますが(メインをインターネットにしたい、という気持ちもすごく伝わってくる)

まだまだ光学式のメディアは健在です。DVD再生、編集したい人だってたくさんいるのです。
ネット中心のハードウェアは正直AndroidとiPadに任せて、物まね路線ではない独自の、
マイクロソフトにしかできない「Windowsパソコン」の道を突き抜いてほしいなぁ、と思う今日この頃です。

ここからはDVDの話とは違いますが・・・

タッチパネルのワープロ、
タッチパネルの表計算、

作業効率が悪くなるので、現状全く使ってませんw

キーボードとマウスがあるデバイス。やっぱりこれが事務所アイテムとしては最強です。
タッチパネルのデバイスは営業先で、写真などを見せたりしてプレゼンに活用するというスタイルが向いています。

それぞれに長所があります。利用者もなんでもタブレットという考え方はせずに
どの場所に何を使うと(コンピュータ以外のほうが効率がいい場合だってあります)
能率が最も上がるか、というのを考えて仕事をするのが良いでしょう。

機械に使われず、機械をツールとして使うマスターになりたいですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿