2015年8月13日木曜日

Windows10に乗り換え☆@さーふぇす

先月末についにでましたWindows10。
早速勉強のため、一台インストールしてみました。
対象機はSurfacePro(初代)タッチパネルも試せるし、ちょうど良さそう。
出たてのOSは、興味本位で更新すると痛手が大きい場合もあります。
でも、レッスンのメインノートは富士通のi7機があるし、セカンドにも東芝のノートがあるので、失敗したとしても、あまり痛手のない状態。やったれやったれ。

・・・最初の更新でつまづきました。
いつになっても更新データが送られてこないではないか!

・・・いろいろ調べたら、同様のトラブルに見舞われている人が多数いる模様。
ということで、解決作は「自分でアップデートするファイルを取り込んで実行」
なのでした。

サービスパックのアップデートぐらいの時間かなあ、割と早く更新完了!
動作も特におかしなところはなく、全体的に快適駆動。
ソフトもドライバも、互換性の問題を起こしたものはありませんでした。
8で絶望的だったスタートボタンも、使える形で復活。
そしてタッチパネルでも的に当てやすくなったショートカットメニューなど、
頑張ったなぁーって感じる点の多い第一印象です。

ただ、大きくきになる点が一つ。
Surfaceが、常時、熱い!
負荷のかかり具合が気になったので、タスクマネージャで具合を見てみたのですが、
CPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク
どれを見ても平常運行(というか動いていない)
にもかかわらず、ホットプレートばりに熱い。
裏で何か常駐してるものがあるんだろうかと勘ぐってしまいます。
これは解決してほしい問題ですね。今までは、負荷のかかる状態にならない限り
熱くならない時もありましたからね。

自分にとって、更新は成功といえるものでした。
マイクロソフトの純正PCで更新したのだから、相性は間違いなく良いでしょうけどね。


ということで、私からの更新おすすめコメントとしては、
「やっぱりもうちょっとまて」
です。

え?結構いい評価で書いてるじゃないの?
って思われるかもしれませんが、
ネットでいろいろ見ていると、トラブルがおこっているひとも結構いるのです。
最悪なのだと、更新>失敗>再起動の永久ループとか(怖!)

ということで、興味のある方。
更新プログラムがいい感じに揃ってくる、数ヶ月後の更新をほしのとしてはおすすめします。

0 件のコメント:

コメントを投稿