スキップしてメイン コンテンツに移動

Windows10に乗り換え☆@さーふぇす

先月末についにでましたWindows10。
早速勉強のため、一台インストールしてみました。
対象機はSurfacePro(初代)タッチパネルも試せるし、ちょうど良さそう。
出たてのOSは、興味本位で更新すると痛手が大きい場合もあります。
でも、レッスンのメインノートは富士通のi7機があるし、セカンドにも東芝のノートがあるので、失敗したとしても、あまり痛手のない状態。やったれやったれ。

・・・最初の更新でつまづきました。
いつになっても更新データが送られてこないではないか!

・・・いろいろ調べたら、同様のトラブルに見舞われている人が多数いる模様。
ということで、解決作は「自分でアップデートするファイルを取り込んで実行」
なのでした。

サービスパックのアップデートぐらいの時間かなあ、割と早く更新完了!
動作も特におかしなところはなく、全体的に快適駆動。
ソフトもドライバも、互換性の問題を起こしたものはありませんでした。
8で絶望的だったスタートボタンも、使える形で復活。
そしてタッチパネルでも的に当てやすくなったショートカットメニューなど、
頑張ったなぁーって感じる点の多い第一印象です。

ただ、大きくきになる点が一つ。
Surfaceが、常時、熱い!
負荷のかかり具合が気になったので、タスクマネージャで具合を見てみたのですが、
CPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク
どれを見ても平常運行(というか動いていない)
にもかかわらず、ホットプレートばりに熱い。
裏で何か常駐してるものがあるんだろうかと勘ぐってしまいます。
これは解決してほしい問題ですね。今までは、負荷のかかる状態にならない限り
熱くならない時もありましたからね。

自分にとって、更新は成功といえるものでした。
マイクロソフトの純正PCで更新したのだから、相性は間違いなく良いでしょうけどね。


ということで、私からの更新おすすめコメントとしては、
「やっぱりもうちょっとまて」
です。

え?結構いい評価で書いてるじゃないの?
って思われるかもしれませんが、
ネットでいろいろ見ていると、トラブルがおこっているひとも結構いるのです。
最悪なのだと、更新>失敗>再起動の永久ループとか(怖!)

ということで、興味のある方。
更新プログラムがいい感じに揃ってくる、数ヶ月後の更新をほしのとしてはおすすめします。

コメント

このブログの人気の投稿

ファイル変換にやられる・・・

みなさん、こんにちは、みんとです。
クラウド活用してますか?最近はいろいろなクラウドが無料で使えるようになり、
いろいろと、ネットに保存しておける時代になりました。
もちろん私もいろいろなクラウドサービスを利用しています。
今回はGOOGLEDRIVEの怖い話。

ローカルに保存しておくと、故障などのリスクに弱くなるので、クラウドにデータ保存しようとして、ブラウザでGOOGLEDRIVEを開いて、ブラウザにファイルをドラッグ・・・

ここまではよかったんですよ。何もないように感じましたし。

しかし!しかーし!
ファイルを開こうとしたら、レイアウトがえらく崩れている・・・
拡張子を見たらgdocとかいう得体の知れない名前が。
なんだこれ、とっちゃえ。

とってみて、Wordで開こうとして愕然。
ファイルが壊れている。

なんとGOOGLEDRIVE、ブラウザのほうでファイルをアップデートすると、
設定によっては、グーグルドキュメント形式に勝手に変換してしまうのですよ!!
これ・・・やばい。

今回ファイル二つだし、たぶんマスターファイルも消滅してない(・・・と思いたい)
ので、死ぬほど大事にはならなかったけど、大量のファイルをこれで変換しちゃったら
と思うと、ぞっとするものがあります。

・・・ということで対策です。
グーグルドキュメントのページを開いたら、右上の歯車マーク(設定)にて
「アップロードしたファイルを Google ドキュメント エディタ形式に変換します」
のチェックをはずしておきましょう。
これで勝手に形式変換されずにすみます。
せめて変換するなら元のファイル残しておいてほしいと思いました。

これ以上の犠牲者を出さないためにも、そして自分のためにも備忘録として記事を書いておきましょう。

※PCのほうにインストールしたGOOGLEDRIVE(最近名前変わったけど取り合えずもとの名前で)のほうにUPしたデータは勝手に変換されませんでした。これは絶対誤解を生むし、あとでひと悶着ありそう・・・

テザリングとウインドウズアップデート、クラウドの恐怖

最近のスマホには
「テザリング」 という機能がついています。 このテザリング、PCなどをインターネットにつないでくれる とても便利なものなのですが、PCのほうで、しっかり確認をしておかないと その月の通信料を根こそぎ使われてしまうという恐ろしい罠が仕組まれています。
それは何かといいますと 「更新」 です。
では、更新されるものって何があるの? ということですが、一般的にデータを大食いする更新は以下のようなものがあります。
「Windows UPDATE」(月1回程度発生する、ウインドウズの安定挙動のためのデータ更新。場合によってはとんでもなく巨大なデータを送ってくる)
「クラウド保存ソフト」 (DROPBOX、グーグルアクティブシンク、ワンドライブなどに代表される、クラウドにてデータを共有するためのソフト。)
これらのソフトが入っているパソコンで、無防備にテザリングをONにすると、大規模な更新情報が一気に流れてくることがあり、流れてきた場合、通信料が「即死」(一か月の情報量を即使い切る)状態になります。
特に、購入直後のPCや、クラウドソフトをいれたての状態でテザリングインターネットを利用した場合、上記の即死状態が発生しやすいので、購入、導入直後のPCは、まずWifiにつないでから利用し、しばらくつないだ後で、テザリングを利用するとよいです。
(Windows10より前のPCならWindowsUPDATEを止めることもできます。あくまでも一時的にですが、テザリングを利用するときはUPDATEは止めておいたほうがよいでしょう。)

相性の合わない奴ら。

人間の世界と一緒で、パソコンのソフトの中にも、
相性の悪いソフトというのがあります。
一緒に居座らせると、どちらかの動作が不安定になるやつ。

マイクロソフトOFFICEとキングソフトOFFICE。
共存させる必要ないじゃん?と思うかもしれませんが、

マイクロソフトOFFICEでWORD、EXCELしか入ってないところに
プレゼンの作成がやりたい!なんてときに、安価なKINGSOFTを組み合わせたりすることがあるのです。

しかし、マイクロソフトOFFICEが入っているところに追加でインストールをすると、大概WORDが謎のクラッシュをします(起動時に壊れていると表示され、修正インストールでは治らない)今まで見ている何台かでの症例だと、それでもWORDは動いてしまうのですが、精神衛生上はよくない感じですね。

もうちょっと仲良くやってほしいものなのですけどね。


ちなみに、相性の悪いハードウエア、なんてのもあり、
これが出たら、もう死刑宣告。パーツを変えるしかないという・・・怖いですね~
(半年これに気が付かず動かなかったパソコンがありました)